登録しました
ページ更新後に反映されます
すでに登録されている物件です。
お気に入り物件から削除されました
ページ更新後に反映されます

共通メニュー

京都市中京区を中心とした不動産売買のセンチュリー21|スタッフのオススメ物件や、オープンハウス・現地説明会など最新情報をお届け

ぱんくずリスト

トップ >タウン情報 詳細

コラム&地域情報 詳細

京都市内のオススメラーメン屋さん

2019-01-18

はじめに

京都には美味しいラーメン屋がたくさんあることをご存知でしょうか?
特に左京区の一乗寺は「ラーメン激戦区」と呼ばれており、右を見ても左を見てもラーメン屋だらけで凌ぎを削り合っています。
近年では更にラーメン文化が発展し、市内の至る場所にラーメン屋が乱立しています。

京都のラーメンは一体どのようなものなのか?と言いますと、大きく分けて3つのタイプに分かれます。

▼あっさり系
醤油ベースのラーメンです。
京都駅近くの有名店「新福菜館」、「第一旭」がパイオニアです。
万人受けするお味です。

▼背脂系
鶏ガラだしのスープに豚の背脂がたっぷり浮かんでいるやや濃厚系ラーメンです。
北白川にある「ますたに」が代表的です。

▼こってり系
鶏や野菜を煮込んだドロドロの白湯スープです。
「天下一品」や「天天有」が代表的です。

どれもとても美味しく魅力的ですが、ここではジャンル関係なく私の独断と偏見によるお勧めのラーメン屋をご紹介します。


横浜家系ラーメン!豚骨醤油スープの『紫蔵(わら天神)』

言わずと知れた横浜家系のラーメン屋です。
最近は京都市内でも家系ラーメンのお店が増えてきたのですが、その中でもずば抜けてトップに君臨するクオリティ・人気のラーメン店です。
行列必須なのでオープン時間に合わせて行くことをお勧めします。
サイドメニューは少なめですが、麦ご飯が紫蔵の完璧なとベストマッチしています。


ラーメン激戦区で唯一無二の存在『東龍(北白川)』

少し離れていますが、ラーメン激戦区一乗寺から徒歩圏内の場所にあるラーメン屋です。
京都の中でも唯一無二のラーメンで、豚骨でもなければ醤油でもない・・・お店曰く「豚骨、鶏ガラ、数々の野菜をグツグツ煮込んだトロミのある塩味のスープ」です。
優しくも濃いお味で、私は初めて食したその日から東龍信者になりました。
麺もコシのある独特な玉子麺になります。
サイドメニューの唐揚げとルーロー飯(台湾風の肉ご飯)も絶品です。
また、隣にある「福仙楼」も東龍に負けず劣らずの美味しさの台湾ラーメンです。


極濃ラーメンもある!こってり好きにはたまらない『大中(伏見桃山)』

※掲載画像は全てイメージです。

京阪本線「伏見桃山」、近鉄線「桃山御陵前」からすぐの所にあります。
「伏見の誇り」との呼び名も高い大人気のラーメン屋です。
基本となる大中ラーメンは濃厚な豚骨醤油スープで、温泉卵や肉の種類など細かいカスタマイズが可能です。
濃いめ&こってり系がお好きな方は「極濃ラーメン」も非常にお薦めです。
最近では三条河原町のBALの横にオープンしました。
伏見桃山が遠い方は是非河原町店へ。


京都の老舗ラーメン『天天有(一乗寺本店)』

まさに京都のラーメン文化を作り上げた、京都ラーメンの老舗中の老舗です。
京都のラーメンを食べてみたい!という方は、まずは天天有を強くお勧めします。
京都市内に店舗が幾つかありますが、この一乗寺本店とは別物のラーメンだと思ってください。
本店は別格です。
鶏と野菜を煮込んだ濃厚なスープは甘みとコクがどこまでも優しいお味です。


とにかくボリューム大!『夢を語れ(一乗寺)』

二郎インスパイア系のラーメン屋です。
行列必須&お腹を空かせて行きましょう。
スープはとんこつ醤油で、ドロッとこってり系です。
特にチャーシューの旨味・ボリュームは最高です。
ただし麺の量も多く、上に乗っている具材の量が「凄まじい」という表現がぴったりの量なので女性や少食の方は注意してくださいね。


京都発祥の大人気ラーメン『天下一品総本店(北白川) 』

京都発祥の全国規模のラーメンといえば天下一品です。
天一は味が安定していて店舗間であからさまな差はありませんが、本店がやはり抜きん出ています。
こちらもラーメン激戦区一乗寺から徒歩圏内にあります。
スープにはあっさり・こってり・こっさり(あっさりとこっさりの間)がありますが、お勧めはドロドロスープのこってりです。
不思議な中毒性があり、京都人のソウルフードとなっています。
サイドメニューは超豊富&店舗によってバリエーションが異なりますが、一番のお勧めはオーソドックスに炒飯です。


フッター