登録しました
ページ更新後に反映されます
すでに登録されている物件です。
お気に入り物件から削除されました
ページ更新後に反映されます

共通メニュー

京都市中京区を中心とした不動産売買のセンチュリー21|スタッフのオススメ物件や、オープンハウス・現地説明会など最新情報をお届け

ぱんくずリスト

トップ >タウン情報 詳細

コラム&地域情報 詳細

朝ごはんでもおやつでも!京都市内の美味しいパン屋さん4選

2019-01-18

老舗『まるき製パン所』で昔懐かしい味わいのパンを

昔ながらのパンを楽しめるお店、まるき製パン所は、昭和22年創業とかなりの老舗。
素朴な味わいが人気を呼んで、昔懐かしの味わいを堪能する事が出来ますよ。
京都民からも人気が高いですが、遠方からまるき製パン所を訪れる人も多く全国的にファンを獲得しています。
特筆すべきは、お目当てのパンがない場合にすぐに作ってくれるサービスがある事で、出来立ての美味しいパンを頂けるので大満足ですね。
まるき製パン所で一番人気のパンはハムロールで、見た目も特に何の変哲もないのですが、美味しいと評判なんです。
具材もキャベツとハムとマヨネーズのみでシンプルですが、食感の良いキャベツと旨みが感じられるハムとマヨネーズの濃厚さが絶妙なんです。
他にもクリームパンやコロッケロールなど食欲そそるパンが販売されているので、老舗のまるき製パン所を訪れてみてくださいね。


真っ赤な外観が目印!『ル・プチメック 今出川』

通称[「赤メック」と呼ばれる真っ赤な外観、店内のお洒落な雰囲気のパン屋で、京都民に愛されているお店です。
人気の理由としては、独創的なパンが食べられるからで、他のパン屋にはない魅力が詰まっています。
支店が多いル・プチメックですが、別格の1号店と言われる程に人気があるのが今出川店です。
注意点としては、金曜と土曜日、日曜祝日のみの営業になっているので、訪れる際には営業時間を確認してからが良いと思います。
イートインスペースも設けられているのでのんびりと過ごす事も魅力の一つ。
イートインでは常に満席で、人気の高さが伺えますが、パンを温めなおしてくれるのでより美味しくいただく事が出来ますよ。
ル・プチメックで人気が高いパンは、がっつり食べれるハード系のパンで、パン生地は食感もよく濃厚な小麦の味わいが口いっぱいに広がります。
ミルクフランスや具材たっぷりの鶏のプロヴァンス風などハード系のパン生地にマッチしていて癖になる美味しさです。
一味変わった本格的なパンを楽しみたい場合には、京都市にあるル・プチメック 今出川は外せません。


ドイツパンが楽しめる!『ワルダー』

天然酵母で作られたこだわりのパンを頂けるお店が、ワルダーというパン屋です。
ドイツパンのお店として知名度は高く、デニッシュ系やハード系のパンを中心に豊富な種類も特徴的です。
外観は一見だけではパン屋と判別する事が出来ない雰囲気ですが、白を基調にした外観で、お洒落な雰囲気はあります。
ワルダーを訪れたら食べたいパンの一つがクロワッサンです。
芳醇なバターの香りは嗅いだだけで食欲をそそり、表面のサクサク感と中のもちっとした弾力は、やみつきになる味わいです。
ワルダーのクロワッサンは他のお店と比べるとずば抜けて美味しいと評判が高く、チーズの入った濃厚なクロワッサンなど種類も豊富ですよ。
他にもネーミングセンスが光るパンがいくつもあるので、見ているだけでも楽しめるパン屋と言えますね。


隠れ家的パン屋さん『eight(エイト)』はどれも食べ応えばっちり!

※掲載画像は全てイメージです。

隠れたパン屋の名店として、住宅街に佇むeightは、小麦本来の味を感じられるパン屋として支持されています。
ハード系のパンが人気が高いですが、中でもフリュイは、季節によって豆の種類やドライフルーツの種類が変わるパンで多くの人が購入されます。
食べ応えもありますし、ぎっしりと具材が詰まっているので、酸味と甘みが相まって絶妙な美味しさですよ。
他にもレモンクリームパンやクロックムッシュなども人気が高く、ついつい買ってしまう人が多いようですね。
京都南部にある隠れ家的なパン屋のeightを訪れてみてはいかがでしょうか。


以上、京都市のオススメパン屋さん4選でした。
イートインコーナーで出来立てを食べるも良し、トースターで焼いて朝ごはんに食べるも良し。京都市内には美味しいパン屋さんがたくさんあるので、ぜひいろんなお店を回ってみてくださいね。


フッター