登録しました
ページ更新後に反映されます
すでに登録されている物件です。
お気に入り物件から削除されました
ページ更新後に反映されます

共通メニュー

京都市中京区を中心とした不動産売買のセンチュリー21|スタッフのオススメ物件や、オープンハウス・現地説明会など最新情報をお届け

ぱんくずリスト

トップ >タウン情報 詳細

コラム&地域情報 詳細

京都のカフェはどこも個性的で素敵!

2019-01-18

神秘的なブルーの店内で雰囲気が素敵な『 ソワレ』

京都市・河原町にある喫茶店「ソワレ」は、ノスタルジックな雰囲気の漂う名店。
昭和23年創業の老舗ですが、海の底にいるような幻想的な内装と雰囲気で、若い世代の女性から特に人気を集めています。
他にはない独特な雰囲気を味わいたい方には特におすすめです。
初めて訪れたなら、ぜひ宝石のような「ゼリーポンチ」を注文してみましょう。
色鮮やかなゼリーがたっぷり入ったサイダーは、SNS映えはもちろん、暑い日にもぴったり。
青いライトに照らされた暗めの店内でゆったりと過ごせば、日常の忙しさも忘れてしまうでしょう。
河原町でのショッピングや、鴨川沿いの散歩の後に足を運んでみてはいかがでしょうか?


町屋カフェ『雨林舎』で京都を堪能

京都といえば、やはり町家カフェ。
二条駅近くの路地裏に佇む「雨林舎」は昔ながらの町家の趣を残したカフェで、地元の人に親しまれています。
店内の照明は少し暗めですが、広い窓から自然光がたくさん入り、まるで自分の書斎のようにくつろげる雰囲気。
店内にはたくさんの本が並び、ぱらぱらと眺めているだけで時間が経ってしまいます。
食事はホットケーキやカレーライスなど、素朴ながらも丁寧に作られたメニューが自慢で、行きつけの食堂のように利用する人も多いそうです。
オリジナルのドリンクメニューも多数あり、時季によっても変わるので、何度訪れても楽しめるお店です。
ひとりで訪れるのはもちろん、恋人や家族、友達に教えてもきっと喜ばれるはずです。


本場の製法にこだわった『ラ・ヴァチュール』のタルトタタンは絶品!

京阪鴨東線・神宮丸太町駅からしばらく歩くと、洗練された店構えのカフェ「ラ・ヴァチュール」があります。
ヨーロッパ風のお洒落な雰囲気ですが、創業は50年以上前。
先代のオーナーがパリを訪れて、その美味しさに感動したりんごのケーキ「タルトタタン」が看板メニューです。
タルトタタンとは、じっくりキャラメリゼされたリンゴを敷き詰めたタルトです。
1ホールに20個ものりんごを使ったぜいたくなケーキで、ひとくち食べればそのとろけるような味わいに魅了されてしまうでしょう。
近くに平安神宮や京都市美術館があり、散策の間の休憩にもおすすめです。
また、雑貨店「La pomme(ラ ポム)」も併設されているので、帰りにはぜひお土産を。
現在のオーナーがセレクトした、可愛らしいりんごのモチーフの雑貨などが並んでいます。
家族や友達に、ここでしか見つけられない素敵なプレゼントを探してみてくださいね。


まるで図書館!『Cafe Bibliotic Hello!』まるで図書館!『Cafe Bibliotic Hello!(カフェ ビブリオティック ハロー)』

※掲載画像は全てイメージです。

東西線・京都市役所前駅から5分ほど歩いたところにあるカフェで、店頭に植えられたバナナの木が印象的です。
店名にも「Bibliotic」(図書館)とあるとおり、店内には天井まで続く巨大な本棚が。
まるでお洒落な図書館のような内装ですが、もちろん雰囲気だけではなく、本格的なお食事メニューも大好評です。
併設されたベーカリーのパンを味わえるメニューもあります。
美味しい食事とドリンク、そして洗練された雰囲気で、地元のファンから観光客まで、幅広い客層に愛されています。
23時まで営業しているのも嬉しいところ。
ちょっとした打ち合わせやノマドワークにも最適ですし、平日の帰宅前の食事やデートにもおすすめです。


レトロなカフェなら『スマート珈琲店』

京都市には有名な喫茶店がたくさんありますが、昭和7年創業の老舗喫茶店「スマート珈琲店」もそのひとつ。
レトロな雰囲気の中でこだわりのコーヒーをいただけるお店です。
渋めでクールな雰囲気のためか男性客も多く、「新しい、流行のカフェはなんだか入りにくい」と思う方にも落ち着けるはずです。
ホットケーキと自家製プリンが名物ですが、お食事メニューも充実しています。
自慢の洋食ランチは、毎日行列ができる人気ぶり。
クリームコロッケやオムレツ、ハンバーグなど、懐かしいメニューが並びます。
ひとりでのコーヒータイムや食事、商談など多くの目的に利用できて、つい通いたくなってしまう喫茶店です。


フッター